メディカルアロマセラピー

メディカル アロマセラピーをご存知でしょうか?

アロマテラピーには二種類あることをご存じでしょうか?

一つは、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスするイギリス式「アロマセラピー」。

そしてもう一つは、「代替医療」としてのフランス式「メディカルアロマテラピー」です。


「メディカルアロマテラピー」は「症状の改善を目的とした治療やケアに利用する」ことです。

メディカルアロマテラピーとはベルギーで医療として認められ、保険が適応されていた治療法です。


そもそものアロマテラピーは、1928年フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、実験中にやけどをし、ラベンダーの精油を使ったことから生まれました。

『アロマテラピー』と名付けて出版したこの療法が、「メディカルアロマテラピー」の起源です。


さらに1961年、精油を植物油で薄めてマッサージする方法が編み出され、美容やストレス解消・癒しを目的とするアロマテラピーができました。

これがイギリスに伝わり、医療としては認められずに、リラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着したのです。


日本ではいまだに、「メディカルアロマテラピー」はとても少なく、マッサージや癒しがアロマテラピーの代名詞になっていますが、最近は「メディカルアロマテラピー」を、医療の現場で取り入れている病院が増えつつあり、積極的に治療に活用している医師もいます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。