アロマテラピーサロン

アロマテラピー専門のサロンというのは以外にすくないものです。

アロマテラピー(Aromatherapy)は、香り療法とも呼ばれ、花や木など植物の芳香成分(精油)を使って、心身の健康や美容を促進するため、反射療法とも呼ばれるリフレクソロジー(足裏マッサージ)やマッサージ、施術院などでアロマテラピーを取り入れて相乗効果を兼ねているところが多いからです。

リラックス、リフレッシュという点でアロマテラピー(Aromatherapy) とリフレクソロジー(足裏マッサージ)やマッサージに共通するものがあるのでしょう。

続きを読む

アロマセラピー関連グッズ商品

アロマ セラピー関連グッズ商品とはいっても、その用途、目的などで必要になるものがずいぶん違います。

代表的なものを紹介します。


精油
精油がないとアロマセラピーは楽しめませんし、自分が"心地いい"、"いい香り"と感じるものでなければ意味がありません。選び方は、100%天然成分のものを選びます。

「100% Pure & Natural」、「Pure Essential Oil」などと表記があるものであれば間違いありません。


フローラルウォーター
料植物から水蒸気蒸留で精油を抽出する際に得られる芳香性の水溶液で、ローズウォーター、ラベンダウォーター、ネロリウォーターなどがあります。

精製水の代わりにも使えるし、そのまま化粧水としても使えるスグレモノです。

続きを読む

メディカルアロマセラピー

メディカル アロマセラピーをご存知でしょうか?

アロマテラピーには二種類あることをご存じでしょうか?

一つは、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスするイギリス式「アロマセラピー」。

そしてもう一つは、「代替医療」としてのフランス式「メディカルアロマテラピー」です。


「メディカルアロマテラピー」は「症状の改善を目的とした治療やケアに利用する」ことです。

メディカルアロマテラピーとはベルギーで医療として認められ、保険が適応されていた治療法です。


続きを読む

アロマテラピーの資格試験

本場英国には公認する国際ライセンス機関(I・T・E・C(アイテック)など)がありますが、現在の日本ではアロマテラピーの資格には「公的資格」がありません。


本格的にアロマテラピーを勉強している方の中には国際ライセンス取得のため留学する方も少なくないようです。


ここで紹介している資格は、日本国内のもので基本的に協会等の「認定資格」になりますので、その辺を十分に理解しておいて下さい。

また、ここにあげているのは比較的大きな団体の資格になります。


各団体とも共通しているのは団体の会員であることです。

資格の取得方法については会員になれば受験できる団体と認定スクールの講習を修了しなければ受験できない団体、認定校の講習を修了していれば一部試験を免除される団体など統一されていません。

資格取得の際に必ず確認して下さい。

続きを読む

アロマテラピーの団体

アロマテラピーの「公式資格」は現在の日本にはありません。

ですから、アロマテラピー関係の各団体や協会ごとに「認定資格」があります。

アロマテラピー関係の各団体や協会は多数存在しますが、その中で代表的な団体をご紹介します。


《日本アロマコーディネーター協会》
認定校の生徒を対象に「アロマコーディネーター」の認定をしています。

ちなみに「アロマコーディネーター」の定義は「花や香りのエッセンスの知識をもとに、自然の香りに親しみ、愉しみながら、より豊かなライフスタイルを提案・実現できる人」です。

また、アロママッサージのライセンス「アロマハンドリラックス」は、正会員が対象でしたが、一般を含め、どんな人でも受けられるようになりました。

講師のライセンス「インストラクター」の認定もしています。(正会員のみ)

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。